SINCE 2010/5/5 counter

<日向灘・四国沖で発生した地震の記録>

Record of earthquake at Hyuga open sea and the coast of Shikoku


記録を始めた理由

その発生が確実であると推測されている東南海地震の前兆として日向灘・四国沖(南海)で発生する地震 の変調が注目を集めている。この地域でも大地震の前兆として知られる「静穏化現象」が観測される可能性が あり、本サイトにおいても日向灘・四国沖で発生した全ての地震データを蓄積し、その 発生回数及び30日移動平均を記録することにより、将来東海・東南海で発生すると予想される地震の前兆を 捉えるデータとして記録することにした。

なお、この記録は既に発表されている公式のデータを元にしているが、その変動から得られる現象の 判断はまったく個人的なものであり、何ら保証されない見解であることを特に留意されたい。


地震データ欠測期間のお知らせ 2010/5/15

2010年3月13日〜4月28日の間、下記グラフの元になる気象庁のデータベースの更新が止まっていました。その影響で 本グラフの表示も地震発生回数が0の日が続いているように見えますが、あくまで元データの影響によるものです。


2014年4月1日〜4月9日の間:気象庁のデータベースフォーマット変更に対応するため欠測


*** 黒い線:1日に発生した地震の発生回数 赤色の線:30日間移動平均線 ***
*** black-line:Number of earthquake at Fukuoka-city and around area ***
*** red-line:moving average line for 30days ***

*** 縦軸:発生回数 横軸:地震が発生した日 ***
*** Vertical axis:generated frequency of earthquake Horizontal axis:earthquake occured day ***

sj band from 2010-01-20 to 2011-01-31

sj band from 2011-02-02 to 2012-02-09

sj band from 2012-02-11 to 2013-02-15

sj band data at 02/17

sj band data at 11/17

sj band data at 11/17

sj band data at 11/17

sj band data at 11/17

sj band data at 11/17

sj band data at 11/17

sj band data at 11/17

sj band data at 11/17




*** (C)2014 Tochiro Nakayama All right reserved. 許可無く全てのメディアへの転載を禁じます。***

log



トップページへ To top page




メールサーバーがダウンしている時の為に、このアドレスも覚えておいて下さい。
If main mail-server is down , you should remember the upper spare e-mail address.